SIMetrix SIMPLIS システム必用条件

SIMetrixとSIMetrix/SIMPLISはマイクロソフトWindows®のプラットフォームで実行できます。

オペレーティングシステム

以下のオペレーティングシステムにSIMetrixとSIMetrix/SIMPLISは完全にサポートされています。

バーチャルマシーン、エミュレータ、旧OSについて

重要:SIMetrix/SIMPLISは物理的なハードウエアのもとで、サポートされているOS上で直接実行するという状態でのみ完全なサポートを提供しています。バーチャルマシーンやサポートされていないオペレーティングシステムでのエミュレーションの実行は除外されます。しかし、そのようなシステムではSIMetrix/SIMPLISが実行できないとか、そのようなシステムを全くサポートしないということではありません。サポートされないOSで問題が起きた時に、再現が出来ればサポートすることが出来るという意味です。


特に、SIMetrix/SIMPLISがバーチャルマシーンやエミュレーションで動作している時のドングルでの問題はサポートすることができません。

32ビットオペレーティングシステム

32 ビットOSでSIMetrixとSIMetrix/SIMPLISが動作する最新のバージョンはVer8.30です。

Windows RT

SIMetrixとSIMetrix/SIMPLISはWindows RTのどのバージョンでも実行できません。

ハードウエア

SIMetrixと SIMetrix/SIMPLISは以下の条件で正しく動作します。

SIMetrix と SIMetrix/SIMPLISは CPU に依存するアプリケーションです。強力なプロセッサーとより大きなメモリーであればその効果はより顕著です。

マルチコアーのサポート

SIMetrixプロとSIMetrix/SIMPLISプロは物理的に4個のコアーまで使えます。SIMetrixエリートとSIMetrix/SIMPLISエリートでは物理的に16個のコアーまで使用できます。しかし、以下のことにご留意ください。

旧バージョンでのシステム要件

旧バージョンのSIMetrixはリリース当時のオペレーティングシステムで実行できます。一般的に、バージョン1.0以降のSIMetrixの全ての 32ビットウインドウズバージョンは上に挙げた32ビットウインドウズオペレーティングシステムで動作することが分かっています。しかし、特別なインストールの手順が必要になります。しかしながら、SIMetrixの全てのバージョンを全ての古いWindowsでテストしたわけではありませんので、サポートされていないオペレーティングシステムでのサポートの提供は保証ができません。
旧バージョンを64ビットシステムで動作させたい場合は、問題となります。特にVer5.3より以前のポータブルライセンス(USBキーのもの)は64ビットシステムでは動作しません。